ロゴP改.png

「新型コロナウイルス対策」今までの経緯

7月5日掲載

【 稽古会再開にあたって 】

 会員の皆様こんにちは
 日頃は何かと札幌合気道会の運営にご理解ご協力をいただきまして誠に有り難うございます。
 さて、この度の新型コロナウイルス感染症拡大予防策、政府による「緊急事態宣言」が解除されましたが、北海道(札幌)の状況を鑑み6月末迄道場活動を自粛してまいりました。その間再開に向けて運営、指導、稽古時の感染予防対策、等について話し合いを持ち7月1日より稽古再開に至りましたが、何分にもまだまだ先の見えない状況です。
 私共も手探りでの運営になり戸惑う事ばかりと思いますが、皆様の更なるご理解ご協力をいただきましてこの危機を乗り越えて参りたいと考えますので宜しくお願い致します。
尚、今後の稽古参加にあたりましては、何よりも会員の皆様とご家族の安全が第一です!世の中へ与える影響なども考え各自のご配慮を宜しくお願い致します。

札幌合気道会     

会 長 石垣 昌志

【 日常を取り戻したい 】

 道場で会員の皆様に会え大変嬉しく思います。まだまだ不安の中での稽古となりますので、稽古される方、その家族に不都合のないよう稽古に励んで頂きたいと思います。初回は転換、打ち方など基本的な動作を距離を取り行いました。初心者の頃を思い出す稽古でした。普段、全員で行う事はあまりないのですが、コロナ自粛の影響かもしれませんが一体感を特に感じ「和」を満喫しました。合気道が出来ないと嘆くより、今出来る稽古を「振り返り」と捉え汗し、楽しんでやりましょう。
 札幌の感染状況は落ち着いているようですが、油断せず慎重に対応し1日も早く日常を取り戻したいと思います。思いきり稽古したい気持ちを抑えなければならない時ですが、武器の扱いを理論的に考えるも良し、受身に精出すも良し、「振り返り」は会員それぞれにたくさんあるのではないでしょうか。
 合気道に向き合う時間を共有し、互いの存在に感謝できる札幌合気道会であり続けたいと願います。

札幌合気道会     

理事長 佐藤まゆみ

 

6月14日掲載

 お待たせしました。7月1日(水)の北区・厚別区を皮切りに稽古を再開します。しかし未だに感染者は微増ながら毎日更新されており、秋冬から第3波、第4波と感染爆発の懸念もある中での再開のため、細心の注意が必要です。

 永きに及ぶ稽古不足のため、怪我や故障をしやすくなっていると思われます。6月中は各自少しずつ体力づくりをして、心と身体の準備期間とする様にお願いします。そして気は緩めずに一歩一歩着実に進展させ、思いっきり稽古のできた「あの日常」を皆で取り戻したいと思います。

 この後、感染防止対策を始め稽古方法などを執行部と道場間にて協議いたしますが、当面は通常稽古とはならず接触の少ない内容になるかとも思います。また、審査を含む今後の行事なども協議・調整を行います。決まり次第順次ホームページ上で告知いたしますので、今後も定期的にご確認願います。

 

4月30日掲載

 桜も開花した良い季節なのに、未だに終息の兆しが見えない北海道です。
 合気道は老若男女の濃厚接触種目となります。少しの気の緩みが感染拡大を引き起こしかねません。したがって、当会は今後発表となる国・道・市の決定にかかわらず、
6月30日まで稽古会の休止延長をいたします。
 7月からの再開予定ですが、これも6月中頃の状況を見て判断いたします。また、予定しておりました、7月12日の特別稽古も同様の措置とし、現時点では未定といたします。
 世の中の仕組みすら変えさせられる今回の有事に立ち向かうには、会員の皆様をはじめとする職場、ご家族、ご友人全ての人々の団結が必要です。概ね半年以上となる稽古の出来ない日々となりますが、この決定をご理解頂きますようお願いいたします。

4月14日掲載

 北海道・札幌市共同による緊急事態宣言が発令されたことにより、全体育館が感染拡大防止のため4月14日 〜5月6日まで休館となりました。
 したがって、当会の稽古会も再度休止延長となりました。期限は5月6日となっていますが、稽古会の再開については「未定」です。
 稽古開始日については状況を見てホームページにて掲載します。随時ご確認願います。
 会員の皆様はもとより、ご家族の方々などの健康にも留意されますよう心から願っています。

3月29日掲載

休止を4月18日(土)まで延長致します。

 状況を見て稽古についてはホームページにてお知らせしてまいりますので、都度ご確認をお願いします。 現在も東京を中心に、全国的には感染者が急拡大している状態です。札幌は自粛が解除されたとはいえ、再度、感染拡大となる可能性は否めません。したがって当会は稽古会の休止期間を延長することといたしました。

 他団体においては、4月より稽古再開のところもございますが、コロナ対策に配慮した稽古体制です。札幌合気道会会員が他道場へビジターとして稽古に参加されるのはこの状況下、遠慮すべきと考えます。

 会員皆様には当会稽古休止に対しご理解のうえ、常識ある行動をお願いします。

 少しでも早くこの事態が終息し、従来の生活が戻る事を願うばかりです。

3月26日掲載

未だコロナウィルスの影響が大きい状況です。
4月稽古開始につきましては
30日(月)を目処にお知らせ致します。
体育館の使用状況にもよりますが、当会では出来る限りの感染予防に努め、各自の体調管理のもと稽古に参加頂く事となるかと思います。
先ずは、次のお知らせをお待ち下さい。
稽古に来られる前は必ず、ホームページをご確認下さい。

 

3月14日掲載

 早期の終息を願って止まなかった今回の事態ですが、道内はもとより世界中で毎日のように感染者が増え続け、ついにパンデミックに至ってしまいました。よって更なる拡散を予防する観点から、執行部・各道場責任者で話し合った結果、以下の措置を取ることと致しました。

 稽古の再開、昇級昇段審査などを準備し、楽しみにしていた会員の方々には心苦しい決定ですが、状況を鑑み、ご了承くださいますようお願いいたします。

【初回掲載メッセージ】

 日頃、札幌合気道会会員の皆様におかれましては、会の運営にご理解、ご協力頂きまして誠に有り難うございます。
 さて、この度の新コロナウイルスの感染拡大対応につきまして 先日、五役にて話し合いを致しました。
 政府は、感染拡大防止策として大規模なスポーツや文化イベントについて、今後2週間は開催を中止したり延期するよう要請する方針を決めました。(安部総理大臣はこの1〜2週間の感染拡大防止が極めて重要になるとしたうえで!今後2週間、不特定多数が集まる大規模イベント開催を自粛するよう求める考えを示しています。)などの報道がなされています。
 北海道においても、多くの感染者の方々が出ています。小中学校は臨時休校が決まりました。感染拡大はまたまだ続くと思われます!感染ルートを確認する事も困難になっています。この様な事柄を踏まえ 当札幌合気道会は、今週より〜3月21日(土曜日)迄の各区道場での稽古会を お休みとする事に致しましたので、ご理解の程宜しくお願い致します。尚、対応内容、期間につきましては状況により変更が生じた場合にはHP等々にてご連絡致しますので重ねてお願いいたします。

札幌合気道会 会長 石垣昌志