ロゴP改.png

11月9日掲載

【緊急・重要!】

11月21日(土)まで当会全て(全体育館)の稽古会は自粛します!

北海道内、とり分け札幌市の新型コロナウイルス感染爆発により、当会は11月21日(土)まで、全体育館の稽古会を緊急自粛することと致しました。21日の状況によっては期間の延長も行います。何か変化・変更がありましたら、ホームページ上で告知いたしますので定期的にチェック願います。

また、残念ではありますが11月に予定していた昇級審査は中止となります。

 

 会員の皆様におかれましては、コロナ禍 感染に留意しながらの稽古、ご指導 等々 通常稽古へ向けて何かと ご人力を頂きまして 感謝いたしているところでございます。
 さて、北海道は、11月7日に 新型コロナ感染症対策本部会議を開き 独自に定めた5段階の「警戒ステージ」を現在の2から3へ引き上げました!! 同、鈴木直道知事  秋元克広札幌市長による合同記者会見により 道民への協力と理解を求めました。新たな感染者が200人に迫る勢いで、その2/3が札幌市内であることなど、他の武道関係者の感染も明かになるなどこの事柄を踏まえ私ども札幌合気道会は11月9日より21日(土曜日)迄、約2週間の予定で稽古を お休みにする事に致しました。
 社会生活 福利厚生の一旦と考え辛くとも  楽しく  気持ち良い汗をかける稽古を心掛け、日々鍛練しておりますが!本末転倒 なく 良き社会人として  自分自身を守り、家族を守り、周りの人々を守り、医療関係者の皆様にも敬意をはらい!愛ある合気道家としてご協力をお願いしたいと考えます。

札幌合気道会 会長 石垣昌志

 会員の皆様、そして合気道に興味ある皆様へ

 平素より何かと当会の活動に対し、ご理解賜りありがとうございます。

 この度の感染拡大を受けまして、当会は暫し休会を決断致しました。当会は段階を得て、日常の稽古に向かいつつあるところで、ステージ3により稽古を休止する事となり残念に思います。
 私どもの会では、会員の健康、そして、その家族と取り巻く環境を常に「和」と考え合気道を稽古する集団でございます。合気道の心技体を尊ぶものとして、この感染にあたり“他”を考えながら、ルールを守りこの局面を乗り越えたいと考えております。普通に思っていた事が普通ではなくなった今日、戸惑う事が多過ぎると思います。今、暫くは耐えていきましょう。そして、必ず私たちの日常は戻る事を信じております。

札幌合気道会 理事長 佐藤まゆみ